包茎手術には、健康保険が適用されるの?適用外なの?

包茎手術には、健康保険が適用されるの?

健康保険は、医療が必要だと判断された場合にのみ適用されるものの為、病気ではない、包茎については基本的に保険適用外です。 その為、自己負担で行う必要があります。ただし、以下の2つ場合にのみ健康保険が適用されるケースがあります。

真性包茎の場合

真性包茎

通常時、勃起時に関わらず包皮が覆ってしまっている状態である真性包茎は、雑菌が溜まり易く、ウイルスが繁殖しやすい状態の為、炎症や性病に罹患するリスクが高い為、泌尿器科にて保険が適用される事があります。泌尿器科にて診断・施術を受けるとなると、約3万円~5万円程度かかると言われています。(状態や施術内容に応じて価格は異なります。)

カントン包茎の場合

kanton包皮が亀頭を締め付けてしまうため、鬱血してしまったり、亀頭の壊死のリスクのあるカントン包茎の場合については真性包茎と同様に病気として認定され、泌尿器科にて保険を適用させ、診断・施術を受ける事が可能性があります。

仮性包茎については完全に保険適用外という事になる為、自己負担で包茎治療を受ける必要があります。

泌尿器科で施術を受けるべきなのか?

ただし、私としては保険が適用されたとしても泌尿器科での手術はオススメしておりません。というのも、泌尿器科の医師というのはそもそも包茎手術に特化しているというわけではなく、あくまでも包茎手術も行っているという状態だからです。その為、包茎手術を専門で行っている包茎治療クリニックには技術的には劣ってしまい、術後にいわゆるツートンカラーになってしまったり、切除する包皮の量が十分でなく皮が余ってしまうなんて事もございます。

その為、保険が適用されるとか、価格だけで選ぶのではなく、専門性を重視する事をオススメ致します。それこそ、皮は切り離せますが、ペニスは切っても切り離せない身体の一部です。後で後悔の無いように、慎重に包茎治療クリニックを選ぶ事をお勧め致します。

このページを見た人は下記のページも見ています。
男性器の三大コンプレックス要因:短小包茎とは
真性包茎、仮性包茎、カントン包茎あなたはどのタイプ?包茎の種類判定方法

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ