世界自慰行為選手権(マスターベータソン) 2連覇の男が日本人だったってご存知ですか? 精力の神ここに!

旧約聖書に登場する罪深き人間、オナンを発祥とする自慰(オナニー)は、元々膣外射精を意味するモノだとあなたはご存知でしょうか?
2000年以上の時を超え、人はこの自慰行為を罪深きものから、リラクゼーションの一つだと解釈を変えるようになりました。

ただ、それでも自慰行為というのは、カッコ悪いとか、恥ずかしい行為で人前で話される内容ではありませんでした。勿論、人前で行うことなど考えられません・・・

自慰行為の祭典マスターベータソン

私は、あるアメリカの記事を偶然見かけたのですが、これを見て衝撃が走りました。

それは、アメリカ、サンフランシスコで、NPO団体〈Center For Sex & Culture〉が2000年前後から、世界自慰行為選手権(マスターベーターソン※)というものを行っているというものでした。(なんて自由な国なんだアメリカ!)

マスターベータソン
マスター ベーション〟と〝マラソン〟を足して出来た造語。アメリカ、サンフランシスコで行われる、自慰行為に対するタブーを無くすためのチャリティーイベントで、耐久部門、飛距離部門、回数部門の3部門の競技がある。タイムを競い合うのは同性同士。

tenga22そして、更に驚くのは、その世界自慰行為選手権(マスターベーターソン)の耐久部門で2連覇をしている精力の神というべき人が日本人だという事でした!聞くところによると、この耐久部門の優勝者のタイムは約10時間という事でした。10時間ずっと耐久・・・(汗)、つまり勃起を持続させなければならないとか・・・しかも途中の5時間ほど経った辺りでに一度、射精しているという事でした(滝汗)

優勝者の名は佐藤氏と言い、現在は、オナホールで有名なTENGA社で働いているそうです。

以前、愛をとりもどせ!!日本人のペニスのサイズは、米国人以上!ヨーロッパ人ェ..(´Д`|||) 世界ランキングで日本人のサイズはそこまで小さくない事が発覚しましたが、まさか耐久力でも世界を制覇していたサムライがいたとは。一本の刀を携え、アメリカでヒーローになった佐藤氏は、まさにマスターベーション界のイチローですね。

佐藤氏がマスターベータソンに持参した、行為用の品は、TENGA社のegg(エッグ)と言われる携帯型オナホールです。(写真の佐藤氏が手に挟んでいるモノ)

佐藤氏は、インタビューで、あなたにとってオナニーとは?という質問に対し、
『生涯に渡って付き合い続けるライフワークですね。オナニーこそ、セルフリラクゼーションの境地』と語っていました。

とてもじゃありませんが、我々には9時間58分もの間勃起を持続させることはできませんし、一度、イッてしまえば、その後、復活するのに時間がかかるものです。それこそ、ゼファルリンのような精力増強をするメンズサプリメント等を服用をしなくては、2時間と持たないでしょう。

最近、年のせいで元気が無くて・・・なんて言い訳出来ないですね。10時間は無理でも2回戦を迎えるよう、鍛えないといけないなと感じさせられました。私は、強靭な刀を携え、世界を震撼させた日本のサムライがいる事がわかり、同じ日本人として元気を貰えました。

最強サプリで悩みを一発解決!

安心の日本製メンズサプリメントで男の悩みを解決。マカ、スッポン末、馬ペニス抽出物、馬睾丸エキス、等の天然滋養強壮成分を含んだゼファルリンで悩みが解決しないならサプリメント治療は諦めた方が良いでしょう。

今すぐゼファルリン公式サイトを見る!

サブコンテンツ

このページの先頭へ