日本人の包茎に関する統計データてあるの?

日本国内での包茎に関する正確な統計数値は取れておりません。ただ、日本人男性の60~70%が包茎だと言われております※。そうなんです。日本における包茎の割合は結構多いんですよ。その為、包茎に悩み過ぎる必要はありません。何故ならあなたの周りにいる男性の10人に7人は包茎なんですから。

ある20代後半の女性にインタビューをしたところ、経験人数10人中9人が正常時は仮性包茎状態で、1人だけズル剥け状態だったという事でした。また、その一人もゆくゆく聞いてみると、若いころに包茎手術をしたという事で、その女性の場合、10人中10人が包茎または、元包茎だったという事ですね。そのくらいの割合で日本国内における包茎人口は多いってことですね。

そうは言っても、男なら一度は仮性包茎ではないズル剥けの状態に憧れますよね。そんな方は、焦らず、包茎に対する正しい知識を持ってどのようにすべきかご自身で判断していきましょう。

さて、一言で包茎と言っても、真性(しんせい)包茎、仮性(かせい)包茎、嵌頓(かんとん)包茎とさまざまな種類があります。包茎の種類については、別の記事で書かせて頂くとして、日本人男性に最も多いと言われているのが、平常時または勃起時に皮が被っているものの、手で剥けば亀頭を露出出来る仮性包茎です(勃起時に自然に剥けるものも含む)。

仮性包茎の場合、勃起時に皮が剥け亀頭が剥きだしになる為、問題なく性行為ができます。逆に真性包茎の場合、性行為が出来ないというわけではないですが、ローションや愛液で十分濡らしてからでないと女性側に摩擦で痛みが伴ってしまう等、仮性包茎や非包茎の方と比べ、SEXしにくい状態になると言えます。カントン包茎の場合、出口が狭いことから自分の性器が締め付けられ、痛みが伴うこともあります。

大切な女性や自分の性器を傷つけ無い為にも、真性包茎やカントン包茎の場合は、手術をすることをお勧めいたします。
症例数も多く、価格が明記されている上野クリニック等がオススメです。

※前述のように正確な包茎手術には正式な統計データはありません。その為、包茎に関する割合、割合を表示した図ははあくまでも参考値としてお考えください。

本サイトでは皆さんのコメント、感想、ご質問をお待ちしております。お気軽にコメント欄にご記載下さい^^

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ