あれ、もしかして性病・性感染症(STD)かな? 少しでも不安に思ったら今すぐ検査を!

頻尿頻尿やペニスのかゆみ、痛み等の違和感は、身体が異常を知らせるシグナルです。頻尿等の排尿障害でお悩みの方へ 原因と解決方法まとめの中でも頻尿の原因の一つとして性病を挙げました。(クラミジア菌やトラコマティス菌によって感染する「クラミジア感染症」が頻尿を引き起こす事があります。)お手洗いに行く頻度や、性器に違和感を感じたら、もしかしたら性病・性感染症(STD)かもしれません。それでは、この性病とはいったい何なのでしょうか?

 

 

性病・性感染症(STD)て何なの?

性病・性感染症(STD)は、性行為(通常のセックスに加え、オーラルセックス・アナルセックス含む)によって感染する病気の事です。また、性病と一言で言っても、クラミジアやHIV、梅毒、エイズ、淋病、トリコモナス、性器ヘルペス、カンジタ、尖圭コンジローマ、ケジラミ症等、様々なものが存在します。目に見えて変化が起こるものから、目に見えず、体内で悪影響を及ぼすものもあります。尚、 厚生労働相の調査結果によると、数多くある性病の中でもクラミジアが最も症例数が多いようです。

クラミジア

参照元:厚生労働相 性感染症報告

クラミジアって何?

クラミジアクラミジアは、正式名称を性器クラミジア感染症と言い、日本で最も発症件数の多い性病・性感染症(STD)です。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上といわれています。主に男性の尿道に感染し易いウイルスです。男性、女性共に感染しても症状が出にくい事から感染したことに気づかず性行為を行う事で感染者を増やしてしまっております。

クラミジアによる主な症状

  • ・尿道からの分泌物(うみ)
  • ・軽い排尿痛
  • ・尿道のかゆみや不快感
  • ・精巣上体の腫れ
  • ・軽い発熱や痛み
  • ・頻尿

若者の性行為率は年々上昇傾向にあり、(高校3年時の性交率は1994年時には、22%でしたが、2002年には33%まで上昇)誤った知識により性行為がクラミジアを中心とした性病の発症を増徴させる傾向にもあるようです。

性病・性感染症(STD)かな?と感じたら

クラミジアをはじめとした性病・性感染症(STD)は、他人事ではなくサウナや温泉での感染、オーラルセックス、コンドーム無しのセックス等、感染する可能性は多いものです。また、男性と女性では同じウイルスでも体内構造が異なるため、影響する範囲が異なります。男性では、性感に集中出来ずに遅漏になってしまったり、大事なパートナーが性病を感染させた事が原因で不妊症になってしまう可能性もあるので、愛するパートナーを守るためにも、少しでも違和感を感じたら泌尿器科やクリニックに相談するか、誰にも知られずに検査をする事が出来る性病検査 STDチェッカーをお試しください。

何も無いならそれはそれで良い事ですし、何かが見つかれば、早期発見により、症状に応じた治療を行う事が出来ます。あなたの大切なペニスだけでなく、愛するパートナーを守る事を考えれば十分価値があると言えますね!

 ※STD:Sexually Transmitted Diseasesの略称です。

 

 

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ