仮性包茎の人の悩み:毛が絡まり、亀頭を傷つけてしまう

仮性包茎主に仮性包茎の方に多く見受けられる現象で、経験したことのある方もいると思われますが、勃起時から平常時に戻った際や平常時から寒くてペニスが更に縮こまった際に毛を絡めてしまい亀頭を痛めてしまう事がございます。

性行為後にコンドームを外し、洗浄する時であれば良いのですが、外出時や仕事中ふとした時に、勃起してしまい閉鎖されたパンツという空間の中で膨張⇔収縮した際に、毛を絡めてしまう事があります。毛を引っ張ることになってしまうので、毛根も痛める事にもなりますし、毛が包皮に挟まった状態で引っ張られる為、亀頭が傷つけられてしまい、酷い時は出血するなんてこともあります。また、自分自身で包茎を矯正しようとし、無理に包皮を剥いてパンツやゴム等で固定しようとしている人も起こる現象です。
こうなってしまうと、皮膚を引っ張られる痛みと亀頭に毛が挟まる痛みで身動きが取れなくなってしまいます。その場でパンツを下ろしたり、手を股間に入れるわけにはいかないので、急いでトイレにかけこむか一目を避けて毛をどける必要があります。

仮性包茎は包茎手術をしなくても大丈夫!?という以前の記事で真性包茎とは異なり、仮性包茎の場合は性行為になんら支障がなく、基本的に包茎手術をする必要はありません。とお伝えさせて頂いたように衛生状態さえ保っていれば包茎手術をする必要はありませんが、こういった悩みや問題が付きまとう事がわずらわしく包茎手術をしてしまう方も少なくありません。また、包茎手術をせずにこの問題を解決する方法として簡単なのは陰毛を剃ることでです。ただ、陰毛を剃ることは一時的な対処に過ぎず、剃った後のチクチク感を考えるとあまり現実的な方法ではないでしょう。

所謂、皮の剥き癖がついていて毛を絡めてしまう人は少なくありません。気になる方は、根本治療の為、ヒルズタワークリニックや、上野クリニックのように大手で安心できるクリニックにまずは相談される事をお勧めします。まず、この記事を読まれた方は皮を剥く癖を止めるようにしましょう。

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ