包茎手術をした方が良い人、検討の余地がある人の違い。包茎手術時の注意点。

包茎手術を受けて喜んでいる人だけなく、安く質の低いクリニックを選んでしまったばかりに後悔している人もいるのが現実です。何か意思決定をしたことに対して、後で悔やむ事ほど残念な事はありません。包茎手術で後悔しないように、正しい知識を身につけましょう。この記事ではあなたが包茎手術を受けるべきか否かの判定方法をお伝えいたします。

包茎手術を受けるべきか否か? ~包茎の状態~

まず、包茎で悩んでいる人の中には包茎手術をすぐに受けた方が良い方と検討する余地がある方の2種類に別れます。真性包茎やカントン包茎等、性行為に支障があったり、痛みが伴う、性病になる危険性がある状態の場合は、早期に手術を受けた方が良いでしょう。逆に、仮性包茎にコンプレックスを持っていて包茎手術を受けたいという方は、性行為に支障が無い為、検討の余地があるかもしれません。

包茎手術を検討する必要がある人

 

真性包茎真性包茎や、カントン包茎の場合、手術をした方が良いかもしれません。真性包茎の方の為の衛生的なペニスの洗浄方法 ~悪臭や病気にならない為に~でご紹介させて頂いたように衛生状態を保つ事や性行為の妨げにならないようにする為、手術を受けた方が良いかもしれません。

 

【注意点】平常時(非勃起時)と勃起時のペニスの長さを把握する
包茎手術である事例として皮を切り過ぎて、勃起時の皮が足らずに突っ張ってしまうという事象です。これは、勃起時の皮の長さを考慮せずにカットしたことが要因で、場合によっては皮を付け足す手術をしなければならなくなります。たとえば、ペニスの長さが非勃起時に4cm、勃起時に10cmの人だった場合、勃起時に皮が伸びるように最低でも、10cm – 4cm = 6cmは皮を余らせる必要があります。

真性包茎や、短小包茎でお悩みの方は下記の予約方法のページを参考に、症状と治療方法を知るための無料カウンセリングを受けられることをお勧め致します。
包茎治療クリニックへの無料カウンセリングの予約方法

手術の必要性が低い人


kasei基本的に真性包茎やカントン包茎の場合、手術の必要性は高いですが、非勃起時に皮が被っていて、勃起時に自然にまたは、手動で剥ける仮性包茎の場合、手術の必要性と言う部分では低くなります。あとは、自分自身が持つコンプレックスと、どのように向き合うかによって変わってきます。欧米では仮性包茎をナチュラルペニスと呼んでいるように包茎をコンプレックスの対象として見ている人が日本よりも少ないのが現実です。同じ包茎でも国民性や本人がどのようにコンプレックスと向き合うかによって対処法は変わってきますね。

一人で悩まないで!


ただ、何を言われても一度、コンプレックスに感じてしまうと気になって他の事に手が付かなくなってしまうとう方もいらっしゃると思います。特に思春期~20代の場合、そういった悩みを抱えている方は多いでしょう。実は、私もそういった悩みを抱えている者の一人です。そういった方は、まずカウンセリングを行ってくれる医師に相談することがコンプレックスの払拭、悩みの解決の第一歩になるかもしれません。手術に踏み切る前に医師の診断やカウンセリングを受け、包茎手術の必要性について考えてみてください。一人で悩む事で心や脳を痛める時間を出来るだけ短くしてもらえれば幸いです。

参考: 包茎治療クリニックへの無料カウンセリングの予約方法 コンプレックスを払しょくする方法

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ