仮性包茎は剥いていれば治るの?剥き癖の効果とリスク

仮性包茎でも常に剥いていれば、つまり剥き癖をつけていれば自然と皮が剥けるという話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?Yahoo!知恵袋や教えてgoo等のQ&Aサイトでは剥き癖工程派と否定派に分かれて議論が白熱しているトピックでもあります。

Q.仮性包茎は剥いていれば(剥き癖をつけていれば)治るの?

結論からお伝えいたしますと、剥き続ければ仮性包茎が治るこれは迷信です。剥き癖(手動・器具利用)を付けても仮性包茎の治療効果はほとんど無いのが事実です。

そもそも、仮性包茎はペニスの長さに比べ、皮が長く余ってしまっているから発生してしまっております。その為、ペニス本体と皮の長さのバランスの問題を解決しなければ、根本的な解決になりません。剥き癖をつけていても、余った皮は何処かえ消えるわけでもないですし、皮の長さが変わらない為、また戻ってきてしまいます。

剥き続けていれば仮性包茎が治った人というのは、身体の成長に伴い、ペニスが剥けた事を剥き続けたことによる効果だと認識している等、他の要因があるのかもしれません。

あなたの包茎のタイプは?

仮性包茎

kasei最も症例の多い包茎の種類で、平常時(非勃起時)は、包皮が亀頭を覆っている状態で手で剥くと簡単に亀頭を露出させることが出来ます。勃起すれば、自然に亀頭が露出するものから、勃起しても亀頭が一切露出しない重度の仮性包茎まで幅広く存在します。

真性包茎

真性包茎包茎の中でも治療が必要性が高い真性包茎は、包皮口が非常に狭い、または亀頭と包皮が癒着している事から通常手で剥く事は出来ません。亀頭が常に包皮に覆われている為、先細りになってしまうリスクがあります。

 

基本的に剥き癖を付けようとしている方は、仮性包茎の方だと思われますが、ごく稀に真性包茎の方で包皮と亀頭が癒着していない場合に無理矢理皮を剝こうとする人もいます。その他にもキトー君を使って狭い包皮を広げようとするケース等もありますが、人体に精通していない素人が大切なペニスを矯正するようなことはしないでください。

剥き癖がついてしまう事のリスク

また、仮性包茎の人の悩み:毛が絡まり、亀頭を傷つけてしまうの記事でもお伝えさせて頂いたように密閉されたパンツの空間の中で無理くり剥き癖を付けようと皮を剥いていると皮が戻ってきた時に毛を巻き込んで戻ってしまい、毛が絡まってしまう事が多くあります。(剥き癖で悩まれている方あるあるですね。)

皮と亀頭の間に毛が絡まると毛根のある皮膚が引っ張られる痛みと毛がピン!と張った時に亀頭を傷つけてしまうリスクさえあります。

剥き癖がついてしまっていて、包茎が気になる方は、根本治療を検討したほうが良いかもしれません。根本的に皮を切るかペニスのサイズを大きくするしか仮性包茎を解決する方法はありません。もし、お悩みでしたら上野クリニックのように大手で安心できるクリニックにまずは相談される事をお勧めします。

いずれにしても、この記事を読んで頂いた方は、今日から剥き癖を止めるようにしてください!

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ