包茎クリニックを選ぶための5つのチェックポイント

包茎クリニックを選ぶための5つのチェックポイント

包茎手術は、すぐに来店して手術をしてもらえるわけではありません。最低でも下記の5つのステップを踏まなけれなりません。

1.クリニックを選ぶ

2.電話・メールで予約をする

3.カウンセリングを受ける

4.後日来店し手術をする

5.抜糸を行う

この時に、一番重要なのが1のクリニックを選ぶことです。それではあなたはどのような判断基準を持ってクリニックを選んでいるでしょうか?「電話対応の良さ」「価格」「ホームページの雰囲気」等で手術するクリニックを選んでしまっては上手く行か無い事もあるかもしれません。後悔しないように、クリニックを選ぶときは最低限最低この5つのポイントはチェックするようにしましょう!

1.クリニックの開設はいつか?

開設から間もないクリニックが、安く包茎手術を請け負っている場合があります。この場合、医師の熟練度が高ければ良いのですが、経験を積むために開設したばかりの若い医師が安く請け負っている事も少なくありません。価格を最も大きな判断基準として置いている方ならばまだしも、一生これからも付き合っていくペニスを若い医師の練習台になんかしたくないですよね。きちんと包茎治療の専門性に長けた医師の元手術を受けてください。少なくとも開設から10年続いているクリニックを選んでください。

2.価格は明確に表示されているか?

クリニックのサイトによって、包茎の度合いによっての価格表示の場合と使用する糸に応じた価格の表示と価格の表示の方法が若干異なっています。その為、価格だけで比較せず、

⇒価格と施術内容が明確にホームページに記載されている。
①どういった症状の時の手術の価格なのか?
②どの糸を使用した時の価格なのか?
を最低限チェックして下さい。

包茎手術は、ナイロン糸による環状切開術(亀頭下1㎝の縫合)と吸収糸による環状切開術があり、手術に使用する糸の種類でも価格が若干異なります。また、サイトに記載されている価格はあくまで参考価格なので、カウンセリング時に正確な見積もりを出してもらうようにしてください。
3.カウンセリング時にオプション提案をしつこくしてこないか?

顧客が消費をした瞬間が最もアップセル・クロスセルするというのはビジネスの基本です。クリニックもNPOではないので、オプション提案を行うのは致し方無いのですが、あまりにもしつこくしてくる所は危険です。特に包茎手術のカウンセリングに来ているにも関わらず、包茎手術以外の「亀頭増大」や「シリコンボール」、そして「長径手術」等をオススメしてくるところは要注意です。

⇒しつこいオプションの提案をしてこないクリニックを選ぶ

とんでもないクリニックだと手術中の意思決定能力が低い時に「あ、これは危険だ!」などど不安を煽ってきてオプション提案をしてくるところもあるようです。基本的に包茎手術は皮を切除するだけの比較的容易な手術ですが、その他の「亀頭増大」や「長径手術」は包茎手術よりも難易度が上がり、リスクも伴います。手術後に感度が落ちてしまった。形が変になってしまった等の声も少なくありません。他の手術は置いておいて、元々の目的である包茎手術を行ってからでも遅くありませんので、たとえ一緒に注文したら安くなる等の甘い誘いがあっても軽はずみにオーダーしないようにしてください!
4.医師情報がきちんと明記されているか?

院長以外の医師情報が明記されていないクリニックは避けた方が良いでしょう。というのも、院長や広告塔となるような芸能人が前面に出て信頼を獲得し、実際の手術はバイト君にやらせるというような事も少なくないからです。顔を出せる仕事をしているという事は、それだけ仕事の質も高い事が多いです。逆に、顔を出していないという事は何かしら出せない理由があると考えるべきでしょう。

⇒ホームページを見て医師情報を開示しているか確認する。

5.カウンセリングも医師が行っている

え、あたりまえの事なんじゃないの?と思いきやカウンセリングはアルバイトに任せて手術のみ医師がやっているケースも少なくありません。お電話で予約する際に「医師によるカウンセリングを受けられますか?」と念の為、確認してください。

⇒電話予約の際に医師によるカウンセリングかどうか確認する。

基本的にカウンセリングは無料なので今回、お伝えさせて頂いたチェックポイントを元に最も良いと思われたクリニックに行くようにしてください。

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ