男性器の三大コンプレックス要因:短小包茎とは

男性器の三大弱点(コンプレックス要因)短小・包茎・早漏です。本日は、三大弱点の一つである短小についてご説明いたします。包茎の悩みを持つ方の多くが、短小です。スペインの治療機器メーカー『アンドロメディカル』の調査によると、日本人のペニスのサイズは勃起時で13㎝だそうです。
更に細かい世界のペニスのサイズを知りたい方は、世界のペニスサイズランキングをご覧ください。また、通常時(非勃起時)の平均値は、6~9cmだと言われております。

短小包茎

勃起時のペニスのサイズがこの平均値を大きく下回ると短小というように定義され、医学的にマイクロペニスと呼ばれております。

年代別のマイクロペニスの基準値

0-5ヶ月 0.75 インチ(19mm)
6-12ヶ月 0.9 インチ(23mm)
1-2 才 1.0 インチ (25mm)
2-3 才 1.1 インチ(28mm)
3-4 才 1.3 インチ(33mm)
4-5 才 1.4 インチ(36mm)
5-8 才 1.5 インチ(38mm)
8-11 才 1.5 インチ(38mm)
成人 3.7 インチ(94mm)

一般的に日本人男性の約10~20%が短小に分類されると言われております。ただ、女性器(膣)の深さが約78mmの為、70mmあれば子宮口に届くため、性行為自体は問題なく行う事が可能です。 普通サイズのコンドームを装着しても挿入時に抜けてしまう。背面位(バック)で挿入が出来ない等、性行為をする時に一部問題が発生するのも事実です。

短小をコンプレックスに思っている人や、短小が原因で夫婦生活(性生活)が悪化してしまう事も少なくありません。短小・包茎・早漏等の男性器に関するコンプレックスを持っていない方であれば、「そんなオーバーな!」と思ってしまいがちですが、当事者にとっては、常に心の片隅にそういった引け目を感じています。周りの人がこそこそ噂話をしていると、自分の話をしているのではないかと不安に思ってしまいがちです。コンプレックスは周囲の人の言葉が大きく聞こえるのではなく、自分自身が回りを意識するあまり、周囲の声に敏感になりすぎてしまうのが問題です。
悩みやコンプレックスを払しょくする方法でも書かせて頂きましたが、コンプレックス要因と向き合い解決していく事がコンプレックスを払しょくする最短の方法になります。

それでは、どのように短小と向き合って行けばよいのでしょうか?
その答えの一つとして、ペニス増大・長茎術という選択肢があります。包茎手術と長径術、ペニス増大の両方を手掛けているクリニックに相談する事で、どのような形があなたの悩みを解決するのに最も適切がアドバイスを頂く事が可能です。

尚、長径術に関しては、リスクを伴ううえ、長茎術を受けたとしても勃起時の長さはさほど変わらないというデメリットがある為、亀頭増大と包茎手術による短小(短小包茎)の改善を行う上野クリニックが短小包茎でお悩みの方には適していると思われます。

その他、ゼファルリン等のシトルリンやアルギニンを配合したペニス増大サプリメントを摂取する事で血流を改善し、勃起時のペニスのサイズを最大化する等の改善方法もございます。

最後までお読み頂きありがとうございます。あなたのお悩みや疑問を匿名でお寄せ下さい。
本サイトでお答えしていければと思います。

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ