仮性包茎でゴルフの後の温泉やサウナに行くのが恥ずかしい。

温泉で見られたくない

包茎の方の多くが悩まれていることの一つが、友人や同僚とサウナや温泉等の公衆浴場に行くことです。
登山やキャンプ、ゴルフに行った時に立ち寄る温泉や飲んだ帰りに立ち寄るサウナ等、男の付き合いで裸の付き合いは欠かせません。
しかし、包茎をコンプレックスに感じていると、裸の付き合いに躊躇してしまったり、タオルで局部を意識的に隠さなければならなかず、友人、同僚とのコミュニケーション・会話に集中出来なかったりと悩ましいものです。

いっそのこと、友人や同僚に「短小包茎なんだよね。」と打ち明けられれば良いかもしれませんが、「もしかしたら裏でバカにされたりするかもしれない。」「関係がぎくしゃくしてしまったらどうしよう」等の不安もあり、なかなかカミングアウト出来るわけじゃありません。

また、日本人の包茎に関する統計データてあるの?では、日本人の6~7割は仮性包茎だというデータを共有させて頂きましたが、いざ、銭湯やサウナでチェックしてみると、多くの人が剥けているように見えます。おそらく、銭湯やサウナに入る前に事前に剥いている方や剥け方が不十分でもとりあえず、剥けている方等もおり、こういったデータよりは包茎人口の割合が少ないように思えるかもしれません。

これまで様々な観点で包茎について書かせて頂いてますが、私の総論は、「包茎手術は仮性包茎であれば無理にしなくても良い。ただ、包茎に悩み続けているのであれば、早く決断し、悩みからいち早く解放された方が良い。」というものです。
要は、肉体的な問題を解決するよりも精神(メンタル)の問題だと考えています。
仮性包茎であっても、肉体的に日常生活や性生活に大きな影響はありません。しかし、包茎の悩みやコンプレックスを抱えていたり、前向きになれない自分がいるのであれば包茎手術をした方が良いと背中を押すでしょう。

ただ、安かろう、悪かろうのクリニックではあなたの精神的な悩み、コンプレックスの開放が難しい為、多少コストはかかっても上野クリニックのように大手で安心できるクリニックで手術をし、精神的なストレスから解放させてあげるのも一つの手ではないでしょうか?
目的は精神的ストレス、苦痛からの解放と考えると必要かどうか自ずと答えも出ますし、変に安く済ませようとしないですよね。

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ