頻尿等の排尿障害でお悩みの方へ 原因と解決方法まとめ

男性で仕事中に何度もトイレに行きたくなってしまう、頻尿でお悩みの方は少なくありません。それは、頻尿の原因は多様で肉体的、精神的、生活習慣や食習慣と様々な要因によって起こるからです。頻尿の悩みを解決するには、まずは自分が何が原因で頻尿になってしまっているのかを知り、解決方法を見つけていきましょう。それでは、どのような頻尿の要因があるのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

1.水分の摂取量が増えた(多い)事が原因で頻尿になる

waterこれは水分を多く摂取する方に見受けられる症状です。あなたは、仕事や勉強中に、ついついクセで飲み物を近くに置いて、飲みながら作業をやっていたりしないでしょうか?

この場合は、水分の摂取量をコントロールすれば頻尿の問題は解決する事が出来ます。1日に必要な水分の量は成人男性一人あたり2.5Lと言われております。コンビニで売っているパック2本分ですからかなりの量ですよね。ただ、全てを飲み物から摂取するというわけではなく、食事から1L摂取している為、残りの1.5Lを飲料水から摂取すれば良いわけですね。これ以上の水分の摂取は頻尿の要因になる可能性が有るので避けるようにしましょう。

水分の取らなすぎも良くない為、ビール等のアルコールを1日に数十杯飲むといったような、暴飲さえしなければ大丈夫だと思われます。

2.利尿効果のある成分を含んだ飲み物の摂取が原因で頻尿になる

coffee次に、利尿効果のある成分を含んだ飲み物の摂取が原因により頻尿です。コーヒーや緑茶、今流行のレッドブル等の高血圧成分を含んだ飲料水等を大量に摂取すると頻尿になりがちです。毎日、何本もレッドブルを摂取している、徹夜の仕事が多く、1日にコーヒーを5~6杯飲んでいる等、心当たりがあれば、少し摂取を抑えた方が良いかもしれません。

3.性病、下腹部のウイルス感染で頻尿になる

クラミジア上記の要因の他に、性行為や下腹部を不衛生にしたことが原因でウイルスが感染してしまう、つまり性病になってしまった時に頻尿を引き起こしてしまう事があります。あれ、もしかして性病・性感染症(STD)かな? 少しでも不安に思ったら今すぐ検査を!にもあるように、性病も多くの種類があり、クラミジア菌やトラコマティス菌により感染する「クラミジア感染症」、ヘルペスウイルスによって感染する「性器ヘルペス」、HPVウイルス(ヒトパピローマウイルス)により感染する「尖圭コンジローマ」、淋菌により感染する「淋菌感染症」などが挙げられます。これらの性病が原因で頻尿を引き起こす事がございます。

尿や排せつに関する違和感を感じた際にまずは、病院の泌尿器科、クリニックに相談に行くようにしてください。血液検査、尿検査を受ければ、性病が原因かどうかがわかります。 尿検査だけでは、検出されない場合もあるので、尿検査、血液検査の両方を行って頂けるクリニックをお勧め致します。

※ご自身の症状を一度、メールフォームから記載し、相談してから来院する事も可能です。

クリニックへの無料カウンセリングの予約・相談方法参照ください。

尚、性感染症(STD)については、ご自身の治療だけでなく、パートナーの治療、完治が必須です。どちらかが、性感染症(STD)の症状が出続けていると、再び、感染しかねません。

真性包茎の方は、不衛生になりがちな為に性感染症を発症させる恐れもあるため、性病治療の他に包茎治療も検討されると良いかもしれません。

まとめ

頻尿は、生活や仕事のリズムを妨げる=質を落とす要因になりかねません。会議中にトイレに行くわけにもいかないですし、気になって良いアイディアも出てこなくなってしまいます。その為、正常な生活を送るために、頻尿、排尿障害の疑いがある場合はすぐにクリニックへ相談するようにしましょう。
あなたの下半身ライフが幸せになりますように。

クリニックで悩みを一発解決!

クリニックへの相談=手術という訳ではありません。具体的な治療法や現在の状況をきちんと把握する為に、まずはクリニックの専門医に相談しましょう。

信頼と実績で選ぶなら上野クリニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ